今週(4月第3週)公開予定のドラマ映画

3月のライオン 後編

【ハチミツとクローバー】の羽海野チカの同名コミックの実写化後編。

原作ではあんまり主人公が将棋を指さない展開になっている部分だと思います。

元々、そんなに主人公が将棋を指すシーンがないので、順番変えたりして、名人と指す展開になるんじゃないかと思います。

特に後編では、原作で賛否両論だった知人の次女へのいじめと、その姉妹の女を作って出ていった父親のくだりを描いている様子。

将棋指しの青年の話で、人間関係のドロドロした部分がクローズアップされる違和感に否定的な意見も多かったですが、映画ではどう評価されるのか気になります。

個人的には原作通りのやりとりが描かれるんであれば、考えさせれるのでヒューマンドラマとして面白いのではないかと思います。

3月のライオン 後編
3ガツノライオン
公式サイト
2017年4月22日公開予定
パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒>
パリガアイシタシャシンカロベールドアノーエイエンノ3ビョウ
公式サイト
2017年4月22日公開予定
PARKS パークス
パークス
公式サイト
2017年4月22日公開予定
スウィート17モンスター
スウィート17モンスター
公式サイト
2017年4月22日公開予定
闇金リアルゲーム
ヤミキンリアルゲーム
公式サイト
2017年4月22日公開予定
シチリアの恋
シチリアノコイ
公式サイト
2017年4月22日公開予定

今週(4月第3週)公開予定のドラマ映画

ReLIFE リライフ

ニートを対象にした社会復帰プログラム『リライフ』。

1年間限定で見た目が10歳若返り、高校生活をやり直し、終了後は就職の斡旋をしてもらえるという不思議な内容。

新卒で入った会社をある事件のせで5ヶ月で辞めた海崎新太は、27歳になった現在でも就職できないでいた。

『リライト』に勧誘してきた夜明了という青年とともに、2度目の学生生活を始めた新太は新たな友人たちとの出会いに変わっていく。

『リライト』の期限が訪れた時、新太はどんな未来を選択するのかというストーリー。

人気WEBコミックの実写映画化。アニメも放送されていました。

誰もが想像したことはあるんじゃないかという人生のやり直し。何歳くらいまで戻ってやり直したいなって思ったりしますよね。

この作品の場合、現時点のまま、見た目だけ若返っているので、純粋なやり直しではありませんが、学生時代とかやり直してみたいですね。

ReLIFE リライフ
リライフ
公式サイト
2017年4月15日公開予定
人生タクシー
ジンセイタクシー
公式サイト
2017年4月15日公開予定
わすれな草
ワスレナグサ
公式サイト
2017年4月15日公開予定
メットガラ ドレスをまとった美術館
メットガラドレスヲマトッタビジュツカン
公式サイト
2017年4月15日公開予定
ろくでなし
ロクデナシ
公式サイト
2017年4月15日公開予定
MATSUMOTO TRIBE
マツモトトライブ
公式サイト
2017年4月15日公開予定
ターシャ・テューダー 静かな水の物語
ターシャテューダーシズカナミズノモノガタリ
公式サイト
2017年4月15日公開予定

今週(4月第2週)公開予定のドラマ映画

T2 トレインスポッティング

麻薬売買で得た大金を持って逃亡したレントン。

20年経ち、彼が故郷のスコットランドのエディンバラにある実家に帰ると、既に母は亡くなっており、父親がひとりで暮らしていた。

かつての仲間たちのその後が気になったレントンは、ジャンキーのスパッドのもとを訪ねるという展開。

現実にも20年経ち、ユアン・マクレガーもすっかりおじさんに。本当によくオリジナルのメンバーやスタッフが集まったものです。

続編なので、前作未見の人は予習してからがおすすめ。

T2 トレインスポッティング
ティー2 トレインスポッティング
公式サイト
2017年4月8日公開予定
LION/ライオン ~25年目のただいま~
ライオン 25ネンメノタダイマ
公式サイト
2017年4月7日公開予定
マイ ビューティフル ガーデン
マイビューティフルガーデン
公式サイト
2017年4月8日公開予定
春夏秋冬物語
シュンカシュウトウモノガタリ
公式サイト
2017年4月8日公開予定
ブルーハーツが聴こえる
ブルーハーツガキコエル
公式サイト
2017年4月8日公開予定
ぼくと魔法の言葉たち
ボクトマホウノコトバタチ
公式サイト
2017年4月8日公開予定
ねこあつめの家
ネコアツメノイエ
公式サイト
2017年4月8日公開予定
午後8時の訪問者
ゴゴ8ジノホウモンシャ
2017年4月8日公開予定
サヨナラの伝え方
サヨナラノツタエカタ
公式サイト
2017年4月8日公開予定

今週(3月第5週&4月第1週)公開予定のドラマ映画

ムーンライト

アカデミー賞の作品賞を受賞したLGBTをテーマにした作品。

マイアミの貧困街で麻薬中毒の母親に育児放棄され、麻薬ディーラーのファン、親友のケヴィンを心の支えにしている少年シャロン。

学校でもリトルといじめられ、それは高校生になっても変わらず、母親は麻薬のせいで酩酊状態になることが増えていた。

ある日、同級生に罵られたことにショックを受けたシャロンは、夜の浜辺で親友のケヴィンと心を重ねるが、翌日の学校で事件が起きてしまう。。

その後、大人になったシャロンが描かれるという幼少期、青年期、成人期の3部構成で描かれています。

ブラッド・ピットの名前や、アカデミー賞でのハプニング、黒人を描いた作品での受賞が話題にあがりやすいですが、本当に驚きなのはLGBTをテーマにした作品の受賞。

差別を扱った作品は有利になる傾向があるように思いますが、さすがに取り扱いの難しいセクシャルな差別を扱った作品を受賞させたのはすごい決断じゃないかと。

日本は平和な反面、差別も理解されにくい環境なので、こういった作品は評価が高くなりにくいですが、この作品を観て、差別について考えてみてはいかがでしょうか。

ムーンライト
ムーンライト
公式サイト
2017年3月31日公開予定